集中力を高めるのに即効性のある食べ物や飲み物は?

緊張でスポーツや試験などで、ここ一番のところで集中ができずに、実力を発揮できないってことありませんか?

納期までに仕上げなくてはいけないのに、気ばかり焦り仕事に集中ができないって事ありませんか?

そんな時に手軽に即効性のある、集中力を高められる食べ物や飲み物は無いだろうか。

そんな、いまココで!というタイミングで集中力を高められる食品を紹介するはなしです。

スポンサーリンク

集中力を高めるのに即効性のある食べ物や飲み物は?

集中力が切れやすいタイミングは人それぞれですが、できれば持続させて仕事に取り組みたいですよね。そこでオススメしたいのが、「集中力を高める」といわれる食べ物を口にするること。おやつとしてつまめるモノや昼食で食べたいモノなどをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ラムネ

一昨年前にラムネが受験生の間で、集中力UPにつながるアイテムとして評判になりました。
その理由はラムネの原材料に使われている「ブドウ糖」です。

その糖質の一種であるブドウ糖とは、以前から言われていましたが「疲れた時にはブドウ糖を摂取すると脳に栄養が行き渡り疲れが癒される。」と言うものでした。
その話を菓子メーカーが、ラムネの販売に付加価値として付けたことがきっかけとなり、有名な話になったようです。

チョコレート

集中力を高められる食べ物として一番人気があるのが、チョコレートじゃないでしょうか。
受験勉強や仕事をするときに、チョコレートを食べたことがあリますよね。
チョコレートには、さきにあげた「ブドウ糖」や苦味成分である「テオブロミン」、苦みや渋みの成分である「ポリフェノール」など、集中力を高めるといわれる成分が豊富なんです。

また、チョコレートの原料であるカカオの香りは、自律神経のバランスを整えてくれます。
自律神経の調整は、肩こりや首こりなどを解消しやすくなる効果も期待されます。

そして、チョコレートには思考力や記憶力を高めます。
そのため、チョコレートは仕事中のおやつとしてぴったりな食べ物だったのです。

玄米やそば

集中力と血糖値には大きな関係があります。
それは、「血糖値が上がっているときは集中しやすく、血糖値が下がっているときは集中力が切れやすい」となります。
血糖値というものは一気に上がると、下がるときも急速になります。
ですから、昼食時には血糖値を緩やかに変化させる「低GI食品」をなるべく摂取するように心がけましょう。

その代表的な低GI食品は、玄米やそばなどが挙げられます。
昼食後の集中力低下に悩んでいる方は、低GI食品がおすすめです。

ドライフルーツ

ほんのりとした甘味が体に染み渡るドライフルーツも、集中力を高める効果が期待できます。
体の中の糖分が不足すると、エネルギー不足となり脳が十分に働いてくれなくなることも。
そこで、ドライフルーツを食べることによって糖分が補給でき、もう一度集中力を持続させてくれます。

ドライフルーツは、フルーツを乾燥させているため、長持ちしやすいのが特徴です。デスクの引き出しに忍ばせておくことをオススメします。

ただ、ドライフルーツに多く含まれる果糖は肥満の原因にもなりますので、摂りすぎには注意してください。

スポンサーリンク

タマゴ

「レシチン」という脂肪成分には、集中力や記憶力を向上させる効果があります。
レシチンが含まれている食べ物は脳の働きを高めるので、ブレイン・フードと呼ばれるほど。
そのため、集中力が切れてしまうときには、レシチンを豊富に含んだ食べ物を食べるといいでしょう。

レシチンが多く含まれている代表的な食べ物として、タマゴが豊富に含まれています。
特に注目したいのが、卵黄に含まれている「卵黄レシチン」という成分。
集中したいここ一番というときに、タマゴを食べてみてはいかがでしょうか。
携帯も難しいので、ゆで卵にしてもいいですね。

ペパーミントティー

スーッとした爽やかさが口の中に広がり、眠気から目覚めさせてくれるペパーミントティーは独特の香りと味によって頭がすっきりとしますよね。

ホットで飲めば、体を温めて血液の流れを良くしてくれるので、集中力を高められます。
アロマでもペパーミントの効果はリラックスと集中に使われます。

集中力が切れたら、温かいペパーミントティーを淹れてみてはいかがでしょうか。
きっと、気分がリフレッシュして、またやる気が起きてきますよ。

コーヒー

コーヒーを飲むと、眠れなくなることはありませんか?
コーヒーを飲んで目が覚めるのは、コーヒーに含まれている「カフェイン」という成分が原因です。
カフェインは、中核神経や脳を刺激するため、興奮して眠気を覚まします。
そのため、眠気のせいで集中力が切れてしまうときには、コーヒーを飲むといいでしょう。

コーヒーは、体に入れてから30分ほどで眠気覚まし効果が現れるといわれています。
そのため、お昼休みが終わる前など、集中力が切れやすい時間帯に合わせて飲むのがオススメです。
ただ、コーヒーは飲み過ぎてしまうと、体がカフェインに慣れていくので、効果が薄まってしまいます。
飲み過ぎには注意してくださいね。

スポンサーリンク

簡単!食べ方ひとつで集中力を高めて維持する3つの方法

低GIの朝食を取る

基本的に午前中は集中力が高まりますが、空腹になりすぎると集中力が切れやすくなります。
仕事中に「おなかが空きすぎて集中できない」「お昼は何を食べよう」と考えてしまう経験はありませんか?
空腹は集中力を切る原因となるため、朝食をしっかりと食べることをオススメします。

そんな時にとる朝食は低GI食材にしましょう。
低GI食材とは、食後の血糖値をゆっくり上昇させる食べ物です。
高GI食材は、血糖値の上昇も下降も激しく、ストレスやイライラの原因になります。

朝に低GIの食事をすると、出社したころにちょうど頭が冴え、作業を開始することができます。
低GIの食材をあげると、ヨーグルト、バナナ、りんご、大豆菓子、そば、玄米、牛乳、ナッツ類などがあげられます。

これらの食材を意識して朝食を取ると集中力が高まり、作業効率が格段に上がるかもしれません。

昼ごはんは食べすぎない

最も集中力が切れやすい時間帯が、お昼休みが終わったあとの14時〜15時くらいです。
昼食を満腹に食べておなかが膨れると、急に眠気が襲ってきます。
そのため、ほとんどの人は午後からの集中力を失います。
午後から集中したいというときは昼ご飯を食べないか量を減らしましょう。

空腹状態は脳を覚醒させるため、午後からも集中力を持続させ活発に活動できます。
しかし、無理してお昼を抜くと、かえって空腹が気になって集中できない事になってしまいます。
ですから一番いいのは、少し空腹間を感じる腹8分目くらいに抑えておくことがおすすめです。

また、付け加えるなら昼ごはんに炭水化物などの血糖値を上げる食べ物を食べると眠たくなりやすいです。
血糖値を上げにくい野菜やたんぱく質を食べるのがおすすめです。
どうしても炭水化物を食べたい場合は、先に野菜やたんぱく質から食べることで、血糖値の上昇をなだらかにすれば、眠くなりにくくなります。

あと可能なら、昼食後に昼寝をすることで、午後も集中力が続きやすくなるので、10分ほど時間を取って昼寝をしてみてはいかがでしょうか。

間食にはナッツ類がおすすめ

もし今日は残業となるというなら、間食も必要になります。
約8時間仕事をして定時前になると、だいたいの人は持続してきた集中力が切れやすくなります。
その為にも、軽い休憩をして間食をおすすめします。
しかし、ここでケーキやおかしなどの高GIの間食を取ってしまったら意味がありません。
集中力を高めるのにおすすめの低IGの間食は、ピーナッツやカシューナッツ、くるみ、アーモンドなどのナッツ類です。

これらは低GI食材で、さらにナッツの種類によって異なりますが、ビタミンB群やビタミンE、食物繊維、カリウム、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸などの成分が含まれています。
こまめにナッツ類を間食として食べることで集中力を回復させてくれるのでおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はいかがでしたか?

「集中したい」と思っていても、集中力はなかなか長いこと続きません。

そんなときは、集中力を高める効果が期待できる食べ物を口にすることでパフォーマンスがあがるなんて、良いですよね。

とくに、集中力を高めるために大げさなことをするわけでもなく、手軽に気軽にがポイントです。

朝食、昼食、おやつとして食べ物で集中力を高めて、勉強や仕事そしてスポーツでも良い結果が出るよに集中力を発揮しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする