スマホ中毒から抜け出すための8つの手段【海外サイト記事紹介】

スマートフォンはあなたにとって、常日頃から生活の一部として手放すことはとても難しいですよね。

スマホ中毒になってしまった状態で、スマホを見る時間を減らすことは、簡単ではありません。

少し前の事ですが、私は自分のスマホを頑張って使わないようにしました。

しかし、いくつかのアプリのアラートをチェックするクセがあるため、スマホを見ないようにする事はあきらめてしまいました。

最後の手段として、スマホに自分に可能な制限を設定をすることが良いのではないかと思いました。

それによって私は上手く管理する方法で、スマホを見る時間を削減する習慣を身に着けれました。

これで、スマートフォンの使用量を半分に減らすことができた方法を次に紹介します。

1.「デジタルウェルビーイング」でスマホを管理する

スマートフォン中毒を抑えるためにまずは、いまあなたの状況がどれほど深刻かを理解することです。

そのために、AppleまたはGoogleのデジタル健康アプリ使うと便利です。

iOS 12とAndroid Pieから、ストックAndroidを実行しているすべてのiPhoneと電話は、毎日の使用状況を追跡し、何があなたの時間を費やしているかを正確に示すことができます。

Androidでは、これは[設定]> [デジタルウェルビーイング]で利用できます。

まだお持ちでない場合は、Google Playからアプリをダウンロードできます。

iOSでは、[設定]> [画面時間]でこの機能を見つけることができます。

私たちは、撮影したスクリーン時の詳細を見て、あなたが移動する前に、それについて知りたい場合。

さらに、週次レポート、アプリ固有の統計、携帯電話のロック解除頻度など、他のさまざまな洞察にアクセスできます。

お使いのスマホでAndroid Pieが正常に動作しない場合は、ActionDashというサードパーティアプリをダウンロードできます。

ほぼ同じ機能を実行します。

ダウンロード: Digital Wellbeing(無料)
ダウンロード:
 ActionDash(無料、プレミアムバージョンが利用可能)

2.実行可能なアプリの制限を設定する

どのアプリに時間の制約が必要かがわかったら、次は制限を設定します。

しかし、健康的なデトックスの秘theはゆっくり始めることです。

Instagramを完全にブロックすることは、まだ解決策ではありません。

制限に徐々に慣れ、自分のペースで制限を増やし続ける必要があります。

たとえば、Instagramを1時間定期的に閲覧する場合は、最初にその許容値の4分の1を削減し、45分の制限を設定する必要があります。

最も時間のかかるアプリの残りについても同じことを行います。

その後、毎週または2回、クォータをさらに減らします。

3.携帯電話でもダウンタイムが発生する可能性があります

検討すべき最後のデジタルウェルビーイングオプションは、ダウンタイム(iOSの場合)およびワインドダウン(Androidの場合)です。

有効にすると、追加した電話または例外を除くすべての通知が抑制されます。

Androidでは、画面はグレースケールになります。

これは、夜間の目にはより簡単であり、気を散らすものははるかに少ないです。

このモードをオンにすると、就寝時と起床時などの特定の期間、毎日アクティブにできます。

4.ホーム画面から中毒性のアプリを削除する

私にとって非常に成功したもう1つの便利な小さなヒントは、ホーム画面から中毒性の高いアプリアイコンを取り除くことです。

馬鹿げているように聞こえるかもしれませんが、私を信じてください。

たいていの場合、時間や通知をすばやく確認するために携帯電話のロックを解除しますが、どうにかして30分間Instagramをサーフィンすることになります。

そのシナリオがあまりにも馴染みのあるものであれば、これを試してみるべきです。

お気に入りのアプリにアクセスするためのいくつかの追加手順を追加することは、非常に役立ちます。

スマートフォンを開くとすぐに、Facebookなどのアプリを起動するという傾向を打破するのに役立ちます。

5.通知チャネルの構成(Androidのみ)

ほとんどの場合、携帯電話で終わる理由は、pingが絶え間なく流れているためです。

ただし、少なくとも重要なアプリの場合、すべての通知をオフにすることは実用的ではありません。

幸いなことに、より良い解決策があります。通知チャネルです。

【ソース元;MUO

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました